ブログ

最新のお知らせ


2018年10月18日 : ママのためのPoints of You ®ワークショップ じんわり効きます


第三水曜日に、都筑区センター南にて、定期開催しております。

ママのための Points of You ®ワークショップ

今回は、Facesのカードも使い、
自分と向き合うワークを取り入れました。

まずは
近況報告兼ねた、一人ずつの時間から。

皆さん、この1ヶ月、いろいろな事なありました。
悩み、怒り、絶望感も、人間だもの、いろいろあるわ。


でも、ここでは、安心して話すことができるので、話すのを楽しみに来てくださいます。
話すことで、自分の本音に出会えたり、
周りの人の励ましで勇気づけられたり、
私もコーチングスキルを使い、質問やフィードバックをしていきました。

カードを使ってのワークでは、
言葉にしにくい気持ちを表現して、そこから読み解いたり、
閃いたり、
今回も多くの気付きが生まれたのではないでしょうか。

いつもは、涙を見せない方も、ホロリとされていたのが印象的でした。
妻、母、嫁、小姑。
いろいろな顔をもつ
女性の生きにくさ、
共感してくれる人いる安心感、
それでも動き続けていく強さ、

そんなものを、感じる時間になりました。


プライドが高いと、本音で話せる仲間は出来ません。
自分を出して、話すことができるのは、必ず、大きく成長できるのです。

聴くことの本当の意味をしらないと、安心して話せません。
自分の子ども相手でも同じ事。
聴くレベルを上げるために、ここに来て、自分の話をしてください。

子どもたちが、お母さんになんでも話せるように、
まずは、お母さんがオープンハートでいる事。

繋がりをもつこと。


そして、今回のテーマにもなりました。

パターンを壊す!

です。


Points of You ®でおこしたいこと

私は、毎月、ワークショップを通して場を設けて、お伝えしていきます。


次回は、11月21日 水曜日
10:00~12:00

参加費は3000円(当日支払い)

お子様連れの参加も可能です。(人数制限あり)
2018年10月9日 : 46歳6ヶ月の挑戦


Office kuri supportの渡邉です。

9月と10月の初旬までに、9名の方のコーチング実技試験の試験官を行いました。
GCSと、企業さんのコーチング研修などです。

講師プログラムに突入してからこういったお仕事も少しできるようになりました。


そこで、私はクライアント役になるので、コーチングを受けるわけですが、
たとえ試験官であってもコーチングを受けていると、
やっぱり、現状をなんとか、変えたい
行動しないと時間ばかりが過ぎてしまう!

いろいろと気付き、動きたくなるのです。

その中でも、ひとつ、体作りについて

スポーツの秋となりましたので、その内容で整理してみます。



ここ何年も、運動せねば・・・という思いがあるのに、全く行動できておりませんでした。
息子の野球の相手もいつの間にかしなくなっているし、
走ろうと決めて走ったときには、一週間でひざが痛くなりやめてしましました。

昨年からのベビーシッターの仕事は、夜に集中するため、比較的時間のある午前中に、やればいいのに、
夜の疲れが取れずに、つい
だらだら過ごしてしまうことが多かったのです。



そこで、

明日で、46歳6ヶ月となる私は、決意しました。


来年春までに、今より5キロダウンと、
体脂肪も25パーセントまで下げていきます!


いま、とても疲れやすい体になっていると自覚があります。
なので、本当はもっと、仕事がしたいとか、
家事もさっさとやりたいと思うのに、
全く程遠い毎日を過ごしています。


コーチングでは、
自分のなりたい姿をありありと、イメージすることが大切です。


私は、運動する習慣を取り戻し、
疲れにくい体をつくりたい。

いまよりも仕事がはいっても
家事も難なくこなせる体になりたい。

そして、
来年息子が中学生になったらば、
少年野球の手伝いはおわります。
そのときに、自分もまた、
ソフトボールが出来る体をつくりたい!!


そう思いました。

半年後のイメージはできました。


さて、今度は、

そのイメージを小さな目標に分けていき、

今出来る小さな一歩を見つけていきます。

今出来そうな(小さな行動)をたくさんあげてみます。


おやつを減らし、栄養を考えた食事をとります。

そして、毎日10分間は、ストレッチや筋トレをしていきます。

車を使うことが多いので、極力自転車や歩きに変えていきます。


ジムの体験・見学に行ってみる。

このくらいかな

その中で、今日はストレッチを始めます。




セルフコーチングをして、
ゴールに向かっていこうと思いました。


コーチングはコーチに質問してもらうのが最も有効です。

自分では考えもしないことを、質問してくれて、
自分の中にあるものを引き出してもらえます。
ですから


行き詰ったときには、コーチにセッションを依頼しようと思います。

セルフコーチングと平行して何がどう違うのか、自分実験です。

写真のような日々を脱出します!

ブログでコミットメントです

2018年10月7日 : ゴールは、幸せな子育て


ある時は、ベビーシッター
ある時は、親子のための場作り
ある時は、Points of You トレーナー
ある時は、コーチングコーチ

いろんな事をやっている私ですが、

目的地は、一つです。


幸福な子育てと
幸福な保育


を、サポートしたい!


コーチングは、
子育て中の方や、
保育者には、

まだまだ知られていません。


しかし、


取り入たかたは、

取り入れない人生よりも、


はるかに何倍も


幸福を感じています。


私もその一人です。



それと

コーチングは知らないけど


コーチング的に関わる人もいます。



つまり



相手を尊重し、


相手の中に答えがあると、


信じて
見守り続ける人です。



私は、この自然なコーチングにも出会えました。



でも、自分がそのような人になることは、


なかなか時間もかかるし、

難しいと感じました。



コーチングを学んだときに、



全て繋がりました。

ここに、全て集約されていた!と。






本物のコーチになるには、

なりたい私になるには、


学ぶこと、


コーチングを使うこと、


クライアントをサポートし続けること。



コーチングセッションのご依頼でなくても、


ベビーシッター、
親子の場、
Points of You 、
そして、我が子どもたちにも、


どこでどのような場面も、

基本的には、
コーチというスタンスで、

相手を信じ、

任せて、


サポートしていきます。


本日は、三島に移動し、


師匠のコーチングクラスのアシスタントをします。


また多くの気づきがあるはずです。
2018年10月2日 : 第五回 おやこサロン


昨日、早いもので5回目となる「おやこサロン」が終わりました。

初めて来てくれた方
毎回来てくれる方
9組のおやこで賑わいました。

残念ながらお子さんの発熱でおやすみされた方も、
ご家族との予定で来れなくなった方も、

みんなみんな、この時を楽しみにしていてくださるので、
途中、続けていけるか不安になった私も
俄然やる気か出てきています。


「私にとって大切な場所です。」


そう言ってくださる方かいて感動していたら、
みんなそうだと思いますよ、と。

子育ては、孤独になりがちです。

繋がりがあること
自分を肯定的に受け入れてくれる人たちがいること(ここ大事)
これは、大きな大きな力になると、私は信じています。


ちょっと長くなりますが、子育てについて私の考えをかいてみます。


子育ての方法は様々です、
自分が良いと思っていることも、否定されると、凹みます。
保育士だってそうです。

子育ても保育も、
方法は一つではないので、
自分の考えの正しさを強く主張するひとがいると、
または、自分の発言を否定してくるひとがいると、
とても嫌な気持ちになります。


結局は、子どものやることを
どう見るか?なんですね。

同じことをやっていても、
いたずらとか、
意地悪と取る人もいれば、

子どもらしさ、
好奇心と、取る人もいます。


私は常に後者でありたいと思っています。


子ども同士の喧嘩も
よくよく観察していると、
手加減を知らないために、相手の子どもを泣かせてしまった。

そんなことが多いです。

手加減なんて、
どうやって教えますか?

ボールを投げときに、
最初から、ポーンとカゴに入る人いますか?

こればかりは、繰り返していくうちに覚えていくのです。

子ども同士の力加減も、
幼ければ幼いほど、わかりません。


だから元気のいい子は、
相手を泣かしてしまうこと多いと思うのです。


自分より小さい子が大好きな子も、身体の大きさの違い、力加減が分からず、
大好きだからって触れようとしたのに、
力が入ってしまった。

そのために、泣いちゃって、
感性の豊かな子は、
悪いことしたなぁと、ドキドキ顔になり、
自分が泣いちゃいます。
(とても感動的!)


その時に、
見ていた大人はね、
まずは、その気持ち
受け取ってあげたらいいと思うの。

まずはそこから。

ごめんねを言わすとかは、まだ考えなくていい。


もし、ごめんねが言いたいなら、
ママがその子に言えばいいの。

そして、
子どもは、ママをみて、ママをモデルとして覚えていきます。

ママや、周りの人の優しさに、たくさん触れていれば、
優しい子になると思ってます。
慌てなくて大丈夫。


そして、泣かせたことにショックを受け、自分が泣いてるって子でも、落ち着いたら、考えられるようになるから、
そのときに、
どうする?
ごめんなさいを言いたいのかな?
ママもお手伝いするから一緒に言おうね、ってやれば良いと思うんだよ。

「躾をした方が良いですか?」と質問を受けることがあります。

そもそも、躾というあまりにも漠然としたものに対して

私は何も言えません。


愛をどう教えますか?と言われるぐらい、難しいかなと思いました。


躾も、
いろいろなお母様と、
懇親会、懇親会、コーチングセッションをしてきて、何百人ものお母様たちと語り合ってきましたが、
考えかた、いろいろで、みんなが納得することなんてないなぁと思いました。
電車の中で、子どもが泣く事に、優しい人と怒る人がいるように、
同じママでもいろいろです!

夫婦で、全く違うので、喧嘩になるくらい。(笑)

だから、そういうのを、どうしようかな、自分はどうするかな、
どう考えていこうかなと、自分と向き合うとか、
勉強することが、
一番豊かな子育てになっていく気がします。
2018年9月30日 : 9/28 gran mocco交流会 ご報告


9月28日に行われました、gran mocco 交流会についてのご報告です。

Office kuri supportは、
育児や育自を応援しています。

ベビーシッターとして、ご家庭にサポートに行っていると、
おんぶができたら育児が楽になるのに。。。と思うかたも、
復職セミナーで、ご相談の多い内容がおんぶで解消できそうだったり。

おんぶの仕方が分からずにお子様を
サークルに入れて
家事をしている方が多かったり、
DVDを見せているかたも
家事ができず困り果てている方・・・

今ほとんど方が利用している抱っこ紐は、後ろに回しておんぶ紐としても使えますが、
赤ちゃんの顔が背中にくるため、
赤ちゃんは何も見えず退屈ですし、低い位置でのおんぶはママの体にも負担になります。

高い位置でのおんぶができる、
もっこの選択肢があることも知っていもらいたい!

初めはそんな想いから始めたご案内です。


今回は、3名のママさんが参加してくださいました!

すでに、おんぶもっこを使用されている方

おんぶもっこ買ってるけど未使用・・まだ心配なので、知りたい。

二人目のお子さんで、今度はおんぶ紐使ってみたいという方でした。


写真にあるように、
ママと同じ目線で赤ちゃんの顔があるので、
赤ちゃんはご機嫌です。

そして、赤ちゃんが軽くなるうえに、両手があくので、家事ができます。
家事をしながら、
赤ちゃんとのコミュニケーションもとれます。
ママの仕事を見ていますから、
まさに、ママをモデルとして何でも吸収しようとしています。

赤ちゃんは好奇心の塊です。

面白いことをどんどん見つけてどんどん試していきますね!

私がお伝えしているコーチングは、

相手を尊重して接していきます。
ですから、赤ちゃんであっても尊重しています。

すべてやることには意味があります。

赤ちゃんも目的があること。

そんな話もしていきたいけど、
あっという間に時間が過ぎてしまいました。

今回限りのママさんもいらっしゃいますが、
また会える方も居るかな?


ぜひぜひ、おんぶで笑顔をシェアしてください!

シェアリーカフェの特別メニューも美味しかったわ。

「Office kuri support」(オフィス クリサポート)は、対面や電話などのコーチング・Points of You(R)を使ったワークショップ・個人セッション・セミナーなどを提供しております。

また、子育て相談、ベビーシッターのご依頼にも応じています。