自分への問いかけをはじめてみよう

2018年6月5日



先日、こんな話になりました。

お母さんたちは、子どものためには、お金を使うから、
子ども向けのプログラムの方が、人気がある、
だから、幼児教育とか英才教育が流行るのかもしれません。

確かに、
お母さんが、自己投資-自分の悩み解決には、お金を使いにくい。
子育て中稼ぎがないと余計に、旦那のお金をそんなことに使えないと思っているのでは?と。

自分と向き合いましょう~って言うメッセージは、なかなか届かないのかもしれないです。

よく、出産を機に、自分と向き合うことをして、大きな壁を越えていくお話を耳にします。
助産師さんは、そう言うことをよくご存知なので、寄り添い方も上手ですよね。

また、病気になり、自分と向き合わざる得ない状況になったり。

親への不満がずっとあり、親が亡くなって初めて、気づく事もあったりします。

何か大きな事があった時、気づくきっかけになるのは、あります。

だけど、私たち。
日頃から、人間関係の悩みが何よりも多いと思いませんか?

その一つに、子どもがいる、
そう思う人も多いと思います。

自分の子なのに、全くわからない、
育てにくい、
好きになれない
怒ってばかりいる自分が好きになれない

これって、
ほんとは、自分と向き合うきっかけですよね。

でも、なかなかそう言う話ができる場が無い…

きちんと自分と向き合うための話に流れて行かず、相談するとアドバイスをもらい、その場だけスッキリします。
結局は、根本的解決にならないから、また同じようなことが起こるのです。

そんなこと、私もたくさんありました。

まずは、ここを少しだけど変えてみること。
アドバイスを求めるのではなく、
問いかけをすることの方がいいのです。

毎日、一つでいい。
自分への問いかけをすることで、トレーニングとなります。

子どもに対しても、
〇〇しなさい!
〇〇しては、だめ!

と言ってしまったら、
それは、
どう振る舞って欲しいと思ってる?
何をして欲しいと思ってる?
それは、ホント?

こんな風に、子どもへの小言からも、
見えてきます。

こちらでご案内するコーチングなど、

子どものプログラムではないけれど、
子どもを育てる人を
きっと、もっと魅力的な人に育てる事ができると思います。

巡り巡って、お子様へ恩恵が必ずありますね。

※ 写真は、去年のこどもみらいフェスタより。
さぁ、今週末、センター北駅前広場に大集合です。
?Gg[???ubN}[N??