人の言うことは半分信じて半分は疑え

2018年7月7日



SNS,ブログ、ユーチューブ、何ででもかんでも発信できる時代になりましたが、本当に情報が溢れていて、何を取捨選択していくかは、難しいですね。

ネット系は、素人の発信もまるで専門家みたいな感じに受けられるので、ちょっと怖いなと思うこともあります。

私も、保育に関わって30年ぐらいたつので、
保育や、子育てに関する講演会たくさんききました。
幼稚園や、保育園もたくさん勤務しました。
素敵な園長先生、そうでもない園長先生(笑)

皆さん、ご立派なことを言いますし、もっともらしいことを言います。
真実をおっしゃっている方ももちろんおります。
なんでもかんでも、
すぐに信じてしまうと、後であれ?と思うことがありますが、
そんな時、責任を取ってくれるわけでもなく、
自分次第ということになります。


保育の著書も結構読んでいた私ですが、
最近は、
「半分は疑おう」と思うようにしています。


たとえば、同じ「からだの発達」に関することも、
言ってることはそれぞれで、
間逆のことを言っているものはよくあります。

だから、半分疑って
同じ様な内容で、他の人はどういっているのか?
調べてみるのが良いかと思います。

あと、生き方、自分の気質、タイプによっても、
自分に入ってくる言葉、思いは全く違います。

ヒナが、最初に見たものを親と思ってしまうというのと同じように、
最初に教えてくれた人や、本は、いつまでも残ります。

あと一番は、自分が育ってきた環境、親から受けてきた教育などなど
思い込みも含め、
自分の中に残っていることもあります。


そういうのも、一回はずして、
真っ白にしてみるのも、いいかもしれません。


私が思うに、それができるのが子どもなんじゃないかな。

子どものやること、いうこと、
よーーーくみて、
自分をニュートラルにしてみると
子どもから教わることがたくさんあります。

いつも子どもを尊敬する相手として向き合うと、

これが、とっても大切なことに思っています。


あなたは、子どもが自分よりも劣っている存在だと思っていませんか?
できないこといっぱいあります
すぐ泣きます、
すぐ暴れます、
でも、いつも許してくれます。

心が寛大です。


私のおススメは、

子どもを尊敬すること



保育者のかたは、

お母さま、お父さまを、尊敬すること


これがないと、
いい関係はつくれませんし、

見えるものも見えなくなります。


だから、ニュートラルです。

あ、私の、いうことも半分信じて、半分疑ってください(笑)

?Gg[???ubN}[N??