今日は私の子育ての不安をかいてみます

2018年7月31日



今日は、私が直面している子育ての悩みについてかいてみます。

私の家には
高校生女子と、
中学生女子
そして小学生男子と3人の子どもがおります。

横浜の北部は、裕福な人の多い地域なので、
塾や習い事に忙しい子どもが多いです。

私が育ってきた環境と大きく違うし、
親の価値観も違いますし、
周囲の人に合わせていると、
いつも子どもに対し、何か足りないような気持ちになることもあります。

たとえば、英語、スイミング、体操、学習塾、その他の習い事
親が子どもを思うばかりに、いろいろと増えていくもので、
周りを見ていると、本当に驚きます。
子どもがぼーーっとする時間、
自由な時間があまりないように見えます。

周囲に
合わせていると、
お金も時間も全く足りません。

我が家は「子どもは遊べ」という気持ち育ててきたので、
極力習い事や、塾は少なく自由時間を多くして、育ててきました。

成績の良い悪いで判断することはなく、
成績が悪くても怒ることはないです。

「他の家の子はテストの点数で怒られたりするんだって、
家はいいよね」

子供たちはよく言いました。


と・・・・いうと、のびのび育っていていいと聞こえそうですが、

確かに、我が家の3人の子どもはのびのび育っていて
友達にも
恵まれているし、
おやこの会話も多く、家族の時間もたくさんあって、
私はいいなって思うことが多いです。

でも、安心しきっているわけではありません。
自信たっぷりでもないし、
子どもの育て方では、未来に不安もあります

遊べ遊べと育ててきたので、お勉強は普通レベル・・・(ここにいると、それ以下に思えてしまう)

周囲の人があまりに、成績がすごいとか、
習い事の成果を出していて、
やはり、どこか比べてしまうことも多いです。


ここが今の悩みの種です。

子どもたちを見ていてこれでよかったのだろうか?
どこか間違っていたのではないか?

と、そういう目で子どもを見てしまうということです。

進路のことを決めなくてはいけないので不安定な母でございます。


思春期というのは、
子育てのなかでも一番不安になる時期かと思います。

もうすぐ、巣立っていく子どもに、
いろいろと荷物を背負わせようとしている自分がいるのに気がついています。


ちなみに、
私の関わっていた、NPO代表理事のところへ相談に来るかたは、
思春期の親御さんが大変多かったです。

私は子どもが小さいころから、コーチングを学んできました。
なので、こういうときが、本当は、コーチングを使うときだと知っています。


一番初めにすることは、
自分への問いかけです。


それは、誰の悩み?
誰の問題?
本当に不安?
どこが不安?
どうあってほしいの?
どうなったら満足できるの?

そうすると、大体は、自分の気持ち次第になってきます。

そう、ここに書きながらも、
高校生の娘との
進路の悩み事も、

ちっぽけに思えてきました。


私たちは、
何かに、フォーカスすると、
それがくっきり、しっかり見えてきます。

だから、子どもの問題に思える行動も、
フォーカスしているときは、重大事件になっています。

そして、本当に大切なことが見えなくなります。
大切なことは、どんなことですか?

自分にも言いたい。


そんな体験をしてもらうために、

Points of Youを通して、会話する時間を作っています。

まさに、視点をずらす、視野の拡大が得意なツールが、Points of Youのカードです。

ママのためのPoints of Youワークショップ

次回8月の定例会は、お盆のため第3ではなく、
第4水曜日です。

8月22日水曜日
10:00~12:00 SABRINA にて

お気軽にお問い合わせください。




?Gg[???ubN}[N??