起業ママのコーチングの感想

2019年5月30日




Office kuri supprt 渡邉典子です。

続々と5回のキャンペーンコーチングが終了しております。

よく誤解されやすいのは、
コーチングを受けると、いろいろと教えてもらえると思われることです。

コーチングでは、教えることは、しません。
情報提供という形で、コーチが知っている情報を伝えたり、
自己開示として、コーチの体験を話すことはあります。

ですから、コーチから教わろうとか
自分であまり努力せず、引っ張って行って貰おうと思っていれば、
成果を上げることはできません。


セッションをしていると、
誤解されているような印象を持つことがあります。
コーチングとは何かをしっかりお伝えするようには、しています。

今回は、キャンペーンで大勢の人がが同時にスタートしたので、書面にてオリエンテーションの資料をお渡ししました。

きっと、よく読んでくださって理解してくださった方々ばかりだと思います。


資料にはこのように書いてあります。

クライアントは、以下のことを守ります。
[コーチングの成果を上げるために最大限の努力を払います。成果の責任はクライアントにあります。]と。


得られた時間で、
精神的にも経済的に豊かになる方もいらっしゃるので、
コーチ費用の何倍も返ってくるのです。

というか今回は、あり得ない低価格でした。
無理せず始められたので、怠慢が出る可能性もありました。
だって、その投資がちょっとも痛くないと、投げてしまうのは簡単です。

ところが、
このクライアントさんは、物凄い勢いで物事が進み始めました。
グループセッションで長いお付き合いの方ですが、個人セッションで一気に火が着いた印象です。

彼女が、夢を達成した時には、
私もそれに負けないぐらい、自分を成長させていたいと、強く思うのでした。


以下、感想をご紹介します。




☆毎回あっという間に1時間が過ぎました。
グループセッションではないスピード感を感じました。
グループセッションでは、他の方のキラキラした気づきの現場に居合わせる幸せを感じるのが醍醐味で、心地よい仲間と過ごせる大切な時間です。
グループではゆっくりと気づきが訪れて社会の中での変化をじわじわと感じる空間なのとは対照に、個人セッションではその気づきに到達するまでの速さが想像以上でした。
コーチの質問になぜ?なぜ?と自分と向き合うことで、心の奥の扉がこんなにもたくさんあるのだど実感しました。
否定せず話を聞いくださり、柔らかな口調と、暖かい質問の仕方、答えを待ってくれる寛容さが、私を導いてくれました。
叶うはずのない夢と思っていたことに挑戦する勇気をもらいました!
本当にありがとうございました。
破格な値段でやっていただいたこと、心から感謝いたします。
これからも私のライフコーチとして末永くおつきあいさせていただきたいと改めて思う個人セッションでした。
?Gg[???ubN}[N??