現場感・肌感 わかる人に届くといいな

2021年5月3日



Office kuri supportです。明日は子どもの日~

昨日友人と長らくオンラインでお話してました。
彼女は保育園の園長先生。

人を育てるということの
実践を長く経験されています。
尊敬できる方です。

親になると実感するのが、
出産し、子育てを始めると
もう、その役割からは降りることができません。

お母さんもお父さんも
辞めたいからやめるってことはないですよね。

保育士は、
保育園の子どもとも、
保護者とも
園長主任さんなら
働いている先生たちと

長期にわたり付き合いが始まります。

そして
心と心を向き合わせて
感情と感情を向き合わせて
関係を作っていきます。

だからね、

相手をしっかり見つめることが大事ですよね~
相手はモノじゃない
これ友人と私の共通の経験から
企業はモノを介して仕事するけど
保育士は子どもという人間の育成をしているから
企業の方とはちょっと感覚が違うのです。


世間体とか
行政とか
国とか
保育法人とか
学校とか
ママ友パパ友とか

いろんな関わり、目があるけど

やっぱり向き合っている相手が何を
感じているのか
そこに寄り添うことが一番ですよね。

私時々、
世の中の園長先生批判をしています。
※注   超~~尊敬している園長先生もいます。

でも、内心では
園長先生も人間だから

孤独だったり
見栄っ張りだったり
自分の中の不安を隠して生きているじゃないかなって思うのです。

私は、園長先生にこそ
自分をさらけ出し向き合ってほしいな~なんて思うのです。

そんなお手伝いが
Points of Youのカードセッションや
コーチングでできるんです。


一番は自分を見るってことになります。

支援の現場にいる人と
そうではない人を比較すると

現場感のある人とは
見えている世界とか
職人的な感覚が違います。

保育現場も職人なので、
肌感覚で通じるかどうか
企業で働く人とはちょっと違うんですよね。
保育は。


だから私は保育士向けのコーチングスクールを開始しています。

無料体験講座は開催日もリクエストしてください。

?Gg[???ubN}[N??